ミネラルとビタミン


ミネラルとビタミン

ビタミンが働くためには微量多種なミネラルが必要で、
目のビタミンといわれるビタミンAが働くためには
カルシウム、マグネシウム、リン、セレン、亜鉛が必要です。

また美容のビタミン(B2)、成長のビタミン(B3)、胃腸のビタミン(B5)、
神経のビタミン(B6)、血液のビタミン(B12)が働くためには、
コバルト・銅・鉄・マンガン・カリウム・ナトリウムなどの
ミネラルが必要となります。

若返りのビタミン(E)が働くには
カルシウム・鉄・ナトリウム・カリウム・マンガン・
亜鉛・セレン・リンなどのミネラルが必要です。

このようにミネラルはビタミンの働きを助け、
重要な役割を果たしています。

ビタミンとミネラル

ビタミンの辞書とも言われる
「ビタミンバイブル」の著者アール・ミンデル博士は、

ビタミンは重要なものだが、ミネラルなしでは働かない。
ミネラルこそが栄養の世界のシンデレラである

と、ミネラルとビタミンの関係を説明しています。

ビタミンとミネラル2ビタミンとミネラル3

 

 

このように、ミネラルとビタミンは大切なパートナーなのです。


コメントを残す



CAPTCHA