失われたミネラル


ジョージ・S・マクガバン

病の原因は栄養素の不足

体が正しく機能するには多種類のミネラルを
総合的に摂取することが必須となります。

裏を返せば、それらのミネラルが摂れないことで、
心身の病気を招いているといえます。
1977年にフォード大統領の特命で
アメリカ国民の栄養状態を調べる大規模な調査が行われました。

失われたミネラル1

そのレポートは「マクガバンレポート」と呼ばれ、
そこに書かれた3000人もの科学者・栄養学者たちの証言は衝撃的な内容でした。
そのレポートによると、癌・心臓病・脳卒中などアメリカの
六大死因となっている病気は全て、
「食生活が原因でおこる『食源病』」である。

特に、「欧米化した食事」、すなわち脂肪、砂糖、動物性たんぱく質の摂り過ぎがあげられ、
また、食事におけるビタミンとミネラルの不足がみられるといった内容でした。

失われたミネラル2

私たちの土地からミネラルが失われている!

70年代、アメリカ農務省は、
「アメリカ人全ての年齢層の99%はミネラル欠乏症である」と報告しました。

国民のミネラル欠乏症は、実は米国に限らず世界的に広がる傾向で、
その現状は私たちの認識をはるかにしのぐものです。

なぜそのような状況になってしまったのでしょうか?
もっとも大きな原因は、
「私たちの食事を作り出す農地から、
ここ100年の間にミネラルが無くなってしまった」という事実です。

失われたミネラル3

1992年のアースサミットレポートによれば、
アメリカでは85%(これはある農地では100%、別の農地では60%、
平均で85%であるということを意味します)、アジアでは76%、
ヨーロッパでは72%など農地にミネラルが枯渇していることが報告されています。
その原因は様々ありますが、主に以下の要因が考えられます。

・排泄物が肥料として使われず下水に流されるようになり、
2000年以上続いた土地へのミネラル還元が無くなった。

・化学農法の発達により、農地では窒素・リン・カリウムのみが
入った
肥料が使われ土壌の性質が変わってしまった。

さらに、私たち日本人がミネラル不足になる原因として、
食生活の変化が挙げられます。食べやすさからくる精製食品の増加、
玄米から白米へ、黒砂糖から白砂糖へ、加工食品やファーストフード、
欧米食の増加などにより、ミネラル含有量の少ない食品が増えたことは明らかです。

失われたミネラル4

市販されているミネラルは大きく分けて3種類

●鉱物質由来のミネラル
これらの原料は、主にカキの殻・炭酸カルシウム・石灰岩・粘土・海水の塩といったものです。ミネラル粒子のサイズは1ミクロン程度で、人体への吸収率はわずか5~12%程度です。

また鉱物質由来のミネラルは、多量に摂取すると人体に害をもたらします。
それは、植物であればこのミネラルを効率よく吸収して利用することが可能ですが、
人間の身体では、数時間という短い消化サイクルであるため、
十分な消化ができないからです。

●キレート・ミネラル
畜産業界により70年代後半に開発されたもので、
鉱物質由来のミネラルをアミノ酸やタンパク質で包むことによって、
吸収率を40~60%ほどまでに上げたものです。
中身は鉱物質由来のミネラルであることに変わりありません。

●植物ミネラル
植物により一度大地から吸収・分解されたミネラルです。
サイズは0.001ミクロンで鉱物質由来のミネラルの1000分の1以下の大きさです。
赤血球の約7000分の1のサイズともいわれています。
植物ミネラルの体内利用効率は約98%。

原料は、ユタ州中央部に広がる地層から採掘された
ヒューミックシェールと呼ばれるものです。
これは、ミネラル豊富な古代植物の堆積層で、
炭化/化石化せずに酸性雨の影響や大気汚染の影響をうけることのない
地中深くに埋蔵されていたものです。

アメリカの科学者で2度のノーベル賞を受賞したライナス・ポーリング博士は、
この素晴らしいミネラルの支持者です。
彼によると、「人間の細胞は、老化が早まるのを避けるため、
植物系総合ミネラルに含まれる70種類以上のミネラルを必要とする
」といっています。

ヒューミックシェールから抽出される植物ミネラル【抜粋】

カルシウム、炭素、ガリウム、スカンジウム、ナトリウム、銅、水素、タンタル、バリウム、ガドリニウム、ランタン、ツリウム、コバルト、ホルミウム、窒素、イッテルビウム、フッ素、鉄、プラセオジム、カリウム、ハフニウム、マンガン、サマリウム、アルミニウム、イリジウム、ニオプ、ストロンチウム、臭素、ルテチウム、白金、トリウム、クロム、ニッケル、ルテニウム、バナジウム、ユウロビウム、パラジウム、銀、リン、ヨウ素、ルビジウム、タリウム、ホウ素、リチウム、ケイ素、タングステン、セシウム、ネオジム、テルビウム、ジルコニウム、エルビウム、酸素、チタン、マグネシウム、ゲルマニウム、ロジウム、亜鉛、アンチモン、インジウム、セレン、塩素、ビスマス、モリブデン、テルル、硫黄、セリウム、オスミウム、イットリウム、ベリリウム、ジスプロシウム、レニウム、金 その他

ミネラル比較表

ミネラル比較表


コメントを残す



CAPTCHA