植物ミネラルHAKUA製品情報


植物ミネラルHAKUA

恐竜が存在していた7,000万~1億2700万年前、
白亜紀と呼ばれる時代の古代植物の堆積層、
ヒューミックシェールから抽出された
高品質の植物ミネラルが80種類以上含まれています。

そればかりか、植物ミネラルに古代ソマチットが
存在することも確認されています。

「HAKUA」は、この植物ミネラルと、
その力をフルに引き出す進化した
プロトンストラクチャードウォーターのみで作られた、
天然の素材をそのまま生かしたドリンクです。

植物ミネラルHAKUA お召し上がり方・利用法

植物ミネラルHAKUA

【基本】
大さじ一杯程度をさまざまな飲料(トマト、オレンジ、
梅干し、レモンやハチミツ入りのジュースなどお好みで)で
10倍くらいに薄めてお召し上がりください。

【その他の利用法】
◎スプレーボトルに入れて食材に
直接スプレーすると、おいしく調理できます。
◎炊飯時に大さじ1杯程度を加えると、おいしく炊けます。
◎調味料として利用できます。
◎浴槽に大さじ3杯ほど入れて、入浴剤として利用できます。
◎1,000倍に薄め(コップ1杯にスプレー程度)、
鉢植えや家庭菜園などの植物に与えると元気になります。

植物ミネラルHAKUAの主成分

【ヒューミックシェール】
ヒューミック・シェール

ヒューミックシェールとは
約7,000万~1億2700万円前の古代植物堆積層のことです。

この時代は、ほぼ白亜紀に重なり、
多くの恐竜が地球上に存在していました。

HAKUAの名称は、この白亜紀にちなむものです。

古代植物はミネラルを豊富に含んでいました。
それが堆積し、氷河期に地下に埋没して微生物によって分解されながら、
奇跡的に有機物として残り、
80種類以上のミネラルをバランスよく含む古代植物堆積層となりました。

HAKUAに含まれる植物ミネラルは、
地表へと隆起した米国ユタ州の
ヒューミックシェールから抽出されたのもです。

植物ミネラルは、自然のままに植物により吸収されたものなので、
生物が利用しやくす安全と言われています。

植物ミネラルは自然界の電解質と呼ばれる「フルボ酸」に包まれており、
フルボ酸はミネラルをイオン化させ、体内利用効率を上げるよう作用するほか、
体内に蓄積した有害ミネラルを無毒化し、
磁石のように吸着しながら、
体外へ排出する働きがあると考えられています。

また、近年では、放射能の除去能力があることもわかり、
土壌改良材としても使われています。

【プロトンストラクチャードウォーター】
独自技術を導入し、高振動を加えることで
機能性を向上させたHAKUA専用の進化した
プロトンストラクチャードウォーターを配合。

ヒューミックシェールから抽出された
植物ミネラルの吸収性を高め、
古代ソマチットの活性を3~5倍に引き上げます。

【その他のミネラル成分一覧】
アルミニウム、アンチモン、ビスマス、ホウ素、臭素、バリウム、
炭素、銅、クロム、カルシウム、セリウム、塩素、コバルト、
セシウム、ジスプ、ロシウム、ユウロピウム、エルビウム、鉄、
フッ素、カドリニウム、金、ガリウム、ゲルマニウム、ホルミウム、
ハフニウム、水素、イリジウム、ヨウ素、インジウム、カリウム、
ルテチウム、リチウム、ランタン、マンガン、マグネシウム、
モリブデン、ニオブ、ネオジム、ナトリウム、ニッケル、窒素、酸素、
オスミウム、白金、パラジウム、プラセオジム、プラセオジム、
ルテニウム、ロジウム、ルビジウム、レニウム、リン、スカンジウム、
セレン、ストロンチウム、サマリウム、硫黄、銀、ケイ素、タンタル、
ツリウム、テルル、タングステン、テルビウム、チタン、トリウム、
バナジウム、イッテルビウム、イットリウム、亜鉛、ジルコニウム、その他

○栄養成分表示【100ml】
エネルギー 5kcal
蛋白質 0.1g
炭水化物 1.2g
ナトリウム 21.1mg
カルシウム 28.8mg
鉄 2.51mg
亜鉛 1.21mg
カリウム 1.1mg
クロム 0.005mg以下
セレン 0.0005mg以下
銅 0.01mg以下
マグネシウム 56.4mg
マンガン 1.67mg
ヨウ素 0.5mg
リン 1mg以下

ミネラルの重要性

ミネラルは、私たちが生きていくために毎日必ず必要な5大栄養素のひとつで、
ナトリウム、マグネシウム、リン、イオウ、塩素、カリウム、
カルシウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、
セレン、モリブデン、ヨウ素など100種類近く存在します。
ミネラルは、体の中では合成されないので、毎日の食事からとる必要があります。

これらは、身体の中で身体機能を調節する重要な働きをしています。
不足するといろいろな症状が現れて危険を知らせます。

それほど重要なミネラルですが、化学肥料の普及により、
土壌のミネラルは激減してしまいました。

50年前の野菜と比べると、現代の野菜にはミネラルがほとんど含まれていません。
ミネラルは単体で動くのではなく、チームを組んで働きます。

適当な複数のミネラルを同時に取ることが大切なのです。


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す



CAPTCHA